Navigation : Top / LTOを使う

LTOを使う


* What's LTO [#sb8618c7]
- LTO is Linear Tape-Open
LTO Ultrium はLTOの規格の1つ.
DLTを置き換えるために開発された.
|	 |LTO-1 | LTO-2 | LTO-3 | LTO-4 | 
| 発売日 | 2000 | 2002 | 2005 | 2007  |
| 容量(非圧縮) | 100GB | 200GB | 400GB | 800GB |



* 基本情報 [#kabcb0c8]
*** デバイスの認識 [#e4f83025]
 #/proc/scsi$ cat scsi 
 Attached devices:
 Host: scsi5 Channel: 00 Id: 00 Lun: 00
   Vendor: QUANTUM  Model: ULTRIUM 3        Rev: 2182
   Type:   Sequential-Access                ANSI  SCSI revision: 05
*** 場所 [#l5a5cafe]
- SCSI接続
-- /dev/st0
- IDE接続
-- /dev/ht0



* コマンドオペレーション [#teab6121]
[[DATを使う]]場合とほとんど同じ.
- /dev/st* : 自動巻戻し (auto-rewind)
-- データ保存後に巻戻されるので,テープに1つのデータしか格納できない.
- /dev/nst* : 巻戻しなし (norewind)

** DATの制御 [#f83552a8]
** テープの制御 [#f83552a8]
mt-stを使用する.あらかじめインストールしておく.
- mt -f /dev/nst0 XXXX
-- status
--- 状態
-- tell
--- ブロック位置
-- compression 0 or 1
--- 0 (off) or 1 (on)
--- 圧縮
-- rewind
--- 巻戻し
-- bsf n
-- bsfm n
-- fsf n

*** メディア確認 [#qe832a96]
 #/bin/mt -f /dev/st0 status
 drive type = 114
 drive status = 1140851200
 sense key error = 0
 residue count = 0
 file number = 0
 block number = 0

*** テープ巻戻し [#lc8c2876]
 mt-st -f /dev/nst0 rewind

*** データ書き込み [#b60f009f]
+ tar
-- ファイル・フォルダーをバックアップ 
-- 例)tar cvf /dev/nst0 /home/tmp
+ dd
-- パーティションをそのままバックアップ
--- 例)dd if=input_file of=output_file bs=block_size

*** 書き込みデータの確認 [#c64f5c6c]
- ステータス
-- mt-st -f /dev/nst0 status
- データ
-- tar -tf /dev/nst0

*** データ復元 [#s5b95a72]
- tar -xvf /dev/nst0


** バックアップのサンプルスクリプト [#q06ec7be]
 #! /bin/tcsh -f
 mt -f /dev/nst0 rewind
 mt -f /dev/st0 compression 1
 tar cvf /dev/nst0 /home/mori/
 mt -f /dev/nst0 status
 mt -f /dev/nst0 offline



* Link [#qbddbed7]
- http://ja.wikipedia.org/wiki/Linear_Tape-Open
*** Tips [#mebfd077]
- http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/root05/root05b.html
*** Maker [#s4fd70bd]
- Quantum
-- http://www.quantum.com/jp/Products/TapeDrives/LTOUltrium/LTO-3HH/Index.aspx